白人女性と交際する前に、自分の意見を持つ話す、克服方法

日本人男性は、黙して語らずという傾向にあります。

 

一般的に、女性のほうがおしゃべりで、口が達者な人が多く、男性は話すよりも先に行動に移して結果を出すといった男女の違いは、国を変えても、同じだと思います。

 

日本人全体と欧米人を比較した場合、

 

海外では、日本人は「和」を非常に大切にする国で、組織の中でもいかに仕事をスムーズにこなすかという点において、チームワークに長けていて、仕事ができる日本人というイメージがあります。

 

日本車は、海外に最も多く輸出されており、その数は、世界でもナンバーワンではないでしょうか。海外に出ればこれはよく分かります。

 

こういった背景に、なぜ、日本人はしっかりしていて、細かいところにも目が行き届き、組織のなかでも個人の役割をこなすことができるかと疑問に思っている外国人はたくさんいます。

 

ここに、日本人の気質がでています。日本人はいざこざを好まず、和を大切にするため、個人的な意見を発言しない、組織や縦社会にも従順、そんな背景がみてとれます。

 

しかし、なごやかで、仕事ができて、完璧にみえる日本人ですが、欧米人からすると、日本人は、もっと意見をしたほうがいいと思われています。

 

 

欧米では、違った意見を持つ個人として、お互いに相手を見ているのが普通ですから、自己表現をしたり、自分の考えを自信もって意見したりすることが普通です。

 

普通の会話をしていても、自然とコメントをしたり、感想を人に伝えたりしています。

 

世間話をしている時でさえ、こうだった、ああだったと、自分が体験したことを話したり、この前行ったお店は良かったとか、良くなかったとか、どうでもいいことの話はつきません。

 

変な話ですが、私からすると、彼らは、とても当たり前のことを話していて、そんなこと話しても、きりがないとか、意味ないのでは?などと思ってしまうことがあります。

 

しかし、欧米、いや海外ではこれが自然であり、あたりまえの会話の流れなのです。

 

おそらくですが、日本では、あまり無駄口を叩くとよくないという風潮がありますので、センスのある話題やトークを選ばないと、話題を発しにくいないというような暗黙の了解があると思います。

 

私自身、海外に住んで、日本での話題やトークのレベルの高さというか、ルールのような縛りから、逃れられたと感じています。それは、人として他人と会話するのが、非常に楽に感じています。

 

両者を理解した上で、外国人同士が、話題が尽きずにずっと話し続けている理由がよく分かりました。

 

日本人の場合は、相手を気遣いながら話すので、言葉や話題を選ぶことが多く、ずっと話し続けるということはあまりないと思います。

 

例を上げますと、中国人が大きな声でずっと話し続けていることを、よく見かけませんか?なにをそこまで話すことがあるのだろうとずっと考えていたのですが、欧米人を理解することで、謎が解けた気がしています。

 

外国人は、日本人ほど相手のことを気遣いながら話していませんし、「空気を読む」というような、場の空気に強調しながら話すということは、ゼロではありませんが、少ないです。どちらかというと、会話の奪い合いをしています。日本ではそういった行為が、あまり好まれませんが、それが普通です。

 

さて、白人女性や外国人女性と話す場合において、日本人同士の会話のルールは忘れてください。それがいちばん、彼女たちと仲良くなる、会話が盛り上がる方法です。

 

これに気づいて、なるべく感想を言ってみる、日本人からしたら当たり前のことでも、口に出して他人に言ってみることで、一皮むけた感覚が、得られるはずです。

 

日本人がはっきりと物を言わないのは、それを言えば相手が気を悪くするだろうとか、自分のコメントを聞いて相手がどう思うだろうとか親切に考えてしまうからです。

 

日本では、相手のことを尊重することはとても素晴らしいことだと思います。日本が好きであり、住んでいる外国人も、そこは感じているはずです。

 

ところが、外国人とくに欧米人に、こちらから接近したい場合、残念ですが、日本人らしさでは通用しません。欧米人からすると何を考えているかわからない人、相手の良さを引き出せない人で終わってしまいます。

 

では、どうすればいいのでしょうか。簡単です。

 

思ったことを、何でもいいから言えばいいのです。

 

たとえば、相手の意見に対して、反論してみるのは普通です。欧米人は、相手の考えを覆しているとか、反対しているなどとは受け取りません。

 

なにかを食べて美味しいなら、「美味しい!」と素直に表現すればいいのです。

 

欧米では、小さいことから、人は必ず違う意見をもつことを教えられていますし、それがいいこととさえ思われています。それがたとえ誰かと同じ考えであったとしてもいいのです。

 

欧米人は、あなたという個人を尊重して、話を聞いてくれるはずです。

 

そこに、違いがあってもなくても、重要なのは、自信をもって、自分の意見を言う、考えを話すということだと思います。

 

堂々と言うのが望ましいですが、なんにせよ、自分の思ったことを言うのです。

 

そういった意思を表示することで、相手の女性から興味をもたれたり、魅力を惹かれたりすることが始まるのです。

 

いろんなことの原点が、この世間話(たわいのないおしゃべり)から始まるといっても過言ではないと思います。

 

ちなみに欧米人は、“このたわいのないおしゃべり“が、男女共々、大得意です。

 

私たち日本人は、ここに少しでも英会話を用いて、アクセスしていく必要があります。

 

まずは、思ったことを言う、これでいいと思います!

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】