白人女性との接し方のこつを教えます

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】

今回は、白人女性との接し方をわかりやすくお伝えします。

 

白人女性は、往々にして最初の付き合い始めは、とてもフレンドリーで、笑顔がとても魅力的です。

 

欧米では、笑顔で人の付き合いが始まるのが当たり前です。

 

彼女たちの笑顔には、日本人男性に限らず、あらゆる世界の男性が魅了されます。もともと歯並びがよく、白い歯が非常に素敵です。とくに日本人にとっては、白人女性の笑顔は非常に魅力的だと思います。

 

それから、お欧米では、肉付きのいい、体が大きい女性をよく見かけます。日本人女性は、痩せていることを重要視していますが、白人女性は体型をそれほど気にしていないことです。

 

白人女性たちも、もちろん体型は気にしていますが、無駄に太りたくないという程度で、そこまで痩せたいとは思っていません。逆にガリガリ体型は、太っているとこよりも醜いという価値があるのかもしれません。

 

白人女性は、付き合う相手の男性が、自分の容姿や性格を含めて全部好きでいてくれる男性を求めます。無理やり相手男性の趣味に合わせるようなことはしません。その理由で合わないのであれば、別の相手を探します。

 

要するに、いろんな意味で自信に満ち溢れているのです。考え方も、自己表現の仕方も自信に溢れている感が伺えます。

 

言い換えれば、自分に自信のない白人女性って、いないのではないかと思うほどです。あまり見たことがありません。

 

日本人男性のなかで、白人女性とお付き合いしている方を何度も見てきましたが、やはり堂々としています。それは、外見の自信ではなく、中身から溢れる自信です。

 

日本人男性が、その男性よりも身長の高い白人女性とカップルとして一緒に歩いているところを見かけたりもしますが、その白人女性からすると、彼女よりも身長の低い彼を選んだということで、一般的にはマイナス面に見えるポイントが、彼女からしたら好印象なのです。

 

日本人男性の方で、白人女性とお付き合いをしたい方、白人女性の彼女が欲しい方は、このポイントを理解して、自分に自信が持てる何かを探してください。

 

料理が得意、スポーツが得意、武道をしっている、歌が美味い、日本の文化や歴史に詳しいとか、本を読むのが大好きだとか、何でもいいので、そういった自己肯定のポイントをいくつか白人女性の方に、自然な会話の流れの中で、自信をもって自己表現してみてください。たとえそれが、ゲームとか、漫画とかオタク系なものだとしても、白人女性なら興味津々だと思います。

 

これさえできれば、付き合ってみたい思いとともに、その可能性は高まります。

 

白人女性といいますか、欧米人はみな、自分のセールスポイントを自然に相手に言いますし、それが当たり前です。

 

日本人の場合は、あえて誇張するくらい勢いで、欧米の文化に合わせる姿勢をとらないと、わからない人で終わってしまいます。日本には、謙遜という言葉が、美徳のようなところがあったり、謙虚な姿勢が高得点を得られたりしますが、残念ながら欧米では受けません。

 

とはいえ、日本人男性の寡黙なところに惹かれる白人女性が中にはいます。そういうタイプの方が相手の場合は、無理に自己主張を強める必要はないと思いますが、やはり、ある程度のコメントや感じたことは素直に表現するほうが、もっとスムーズな関係になると思います。

 

共感したいという点では、女性は共通です。白人女性はとくに誰かと共感したいと思っています。

 

最初は、さわやかにオープンマインドを心がけ、自然な会話や世間話(本題にいきなり入らない)をするに限ります。これは、どの相手に対しても同じです。相手が白人女性である場合、基本的な世間話だけでも、相手との距離を見極めることができます。

 

自分の中で合いそうな白人女性、どう考えても合わなさそうな白人女性、わかってきたら、引き際をよくすべきだと思います。

 

自己表現をしていくべきと言ったのは、相手とのキャッチボールの中でという意味です。一方的に、自己表現しても意味がありません。相手白人女性の反応をみながら、自己表現をするのです。

 

欧米人との距離の掴み方は、慣れないと難しいものですし、ましてや、英語を話さなければなりませんから、大変だと思います。

 

慣れを形成するには、いろいろなシーンで、欧米人と付き合いを広める、場数を踏むことです。海外旅行、英会話レッスンを受ける、外国人が集まるバーに行くなど、いろいろなシーンがあります。

 

まずは、白人女性と英語で会話を楽しむ、これに尽きると思います。