白人女性の彼女をつくるための、国際感覚をみにつける方法

日本は技術大国として世界で非常に有名ですよね。

 

仕事を完璧にこなす日本人の気質から生まれた日本の技術は、他の国も真似できないほど、完璧なんだと思います。

 

反対に、完璧を追求し、仕事に打ち込むとできる日本人だからこそ、外国人に比べて苦手なものがあります。

 

それは、リラックスして生活を楽しむということです。

 

何事にも忙しい文化である日本にいるとどうしても、仕事が優先になってしまいがちで、プライベートは二の次になってしまいます。

 

そして、仕事ばかりしている毎日から、休日に何をするのかとなると、体を休めることに専念する方も多いでしょう。

 

欧米人は、逆で、どんなに仕事が大変でも、プライベートを優先します。

 

私生活が、仕事に押しつぶされるということはなく、週末はだいたい楽しむために過ごしていることが多いです。欧米社会では、日本同様、ビールやワインを昼間から飲んでリラックスして楽しんでいる人もいれば、家でホームパーティーをしたり、DIYで何かを作って家でゆっくりと過ごして楽しんだりします。

 

例えば、家具を買い変えずに自分流にアイデアで、変わったデザインのものを作ってみたり、家の内装の改造を、自分でできるかぎりやってみたり、家庭のことや、生活を楽しむことがまずありきで、仕事はその次になると思います。

 

日本人と欧米人では、日常の過ごし方からして違います。

 

この両者が仲良くなるには、日本人のほうも少し、自国のやり方から発想を変えて、欧米人の生活の過ごし方を見習うべきです。

 

欧米というよりも、外国全体が日本とは異なります。日本はその部分においては、他国と一線を画しています。

 

日本独自の文化的発想は、他の国では通じなかったりします。

 

ユニーク(独特)過ぎて、分かってもらいにくいというか、理解しがたいのかもしれません。

 

日本独自の根付いた文化的発想を変えて、国際感覚を身に付けるには、どうすればよいのでしょうか。

 

国際感覚が少しでも身につけば、どこの国の方ともある程度、うまくコミュニケーションとれるはずです。

 

やはり、他人同士が心を閉ざしがちな日本的やり方を脱して、心を開き、オープンマインドにして、笑顔でいろいろな人と話す、これしかありません。

 

日本人は、割と何かを決めつけたがったり、複数のことを何個かに分けてカテゴリーごとにグループを作りたがると、外国人から言われたことがあります。

 

例えば、血液型によって性格の傾向がわかる、というのもその一例で、欧米人にはなぜそのように考えるのかがわからないそうです。自分の血液型自体知らない人が多いです。

 

カテゴリーに分けたがる。これも言われるまでわかりませんでしたが、確かに欧米人は誰かを決め付けたりはしないです。

 

心をオープンにして、いろんな人の話を聞けば、人というのは様々で、決め付ける必要がないという欧米的な考えがなんとなくわかる気がしませんか?

 

最初から決めてかかると、自然な会話ができないし、パターン化した会話しかできなくなってしまいます。

 

欧米人は、誰とでも分け隔てなく最初からフレンドリーに話しますし、自分が苦手だと思っても、あからさまにせず、うまく切り替えます。

 

これは、相手を人として、とても尊重をしているからだと思います。

 

国際感覚をみにつけるには、やっぱり、誰にでもフレンドリーに接することです。

 

話しながら相手の目を見る、じっくりと耳を傾け相手の思っていることを聞く。

 

会話の中でだんだん、相手を判断すればいいことであって、最初から判断するものではないと、欧米ではそう成り立っているようです。

 

単純ですが、これができている日本人は少ないかもしれません。

 

話しながら下を向いていたり、不特定多数に話しかけたりするので、誰がターゲットかもわからずといった具合です。

 

日本人が知らない人と目を合わさないのは、欧米ではあり得ないことです。

 

欧米人は人を人として尊重しますので、知らない人でも、人がそこにいたら、目を合わして挨拶するのが普通ですし、目を合わせたら失礼だとか、そんな考えはみじんもありません。

 

国際感覚を身に付けるということは、英語が流暢に話せるとそういったことではなく、心をオープンにして、だれにでも笑顔で分け隔てなく対応できるようなるということです。

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】