欧米人女性から見る日本人男性の印象

読者の皆様は、欧米人女性を見てどのように思われますか?

 

外見、振る舞い、個人の性格、いろいろな見方があると思いますが、一般的に、欧米人にとっての欧米人女性イメージと、日本人にとっての欧米人女性イメージでは、大きな違いがあります。

では、日本人男性についてはどうでしょうか。

 

これもまた、日本人女性から見る日本人男性と、欧米人女性から見るそれとは、全く違うものです。

 

私自身の経験から感じたことがありますので、それについて、今回はお話していきたいと思います。

 

意思疎通の違い

海外にいると、いろいろな人種がいるだけでなく、外国人の人間模様、友人関係など垣間見る機会があります。

 

人間関係については、誰もが暮らしていく中で最も重要で、自分の環境は、周囲の人間関係によって、良くも悪くも左右されます。そして人間関係で重要なのは、言葉による意志の疎通です。

私は、日本人で生まれ育ち、まだまだ日本生活のほうが長いですから、いまだに、異文化間の違いを比べてしまうことが多々あります。逆に、日本人の気質や日本の文化について、以前より深く理解できるようになりました。

そのひとつが、日本人の意志の疎通の方法です。

 

日本人は、言葉に出さなくてもどこかで相手が分かってくれている、きっとこの行動をしたら、相手はこうでるなというような予測の世界が、日本では暗黙の了解として成り立っているかと思います。

 

これによって、私たちは、安心感を覚えたり、争いやいざこざを未然に防げたり出来ているのだと思います。

しかし、外国とくに欧米では、言葉がいちばんのコミュニケーション手段であり、気持ちや、感じたこと、意思、意見など自己表現は全て相手に言葉で伝えます。意思疎通をする上で、これは非常に重要であり、海外では黙っていては、コミュニケーションがとれない人だと思われ、残念なことにそこから何も生まれません。

 

海外では、言葉で自分の考えや感じたことを言うことが、一番大事な人と関わるツールなのです。こういったことが次第に分かってくると、英語がもつ言語としての性格も理解できるようになってきます。

 

日本人男性の印象

気なる欧米の女性から見て、日本人男性の印象はどうなのでしょうか。

わたしの友人には、日本人男性のパートナーを持つ、もしくは持ったことがある何人かの白人女性がいます。

 

彼女達と話した時に印象的だったのは、「彼には武士道精神がある」というものでした。

 

最初は、イマイチ意味が分からかったのですが、何度かそういう話を聞いているうちに分かったことは、日本人男性には有言実行の精神があり、やる時はやるという日本男児的な精神、欧米の男性にはない何かを感じたということでしょう。

 

言い換えれば、口先だけではない、男らしい精神が自然と生きづいているということです。これは、日本人男性としての強いアドバンテージだと思います。

 

欧米の男性は、日本人男性と比べると何事にも適当であるはずです。しかし、この適当さは、いい場合にも働きます。せかせかしない主義、お互いに寛大になれるといいますか。

 

そして、欧米での男女関係は、良くも悪くも、平等と考えています。

 

例えば、家庭を持ったら男性だけが正社員として働き、妻子を食べさせていかないというような考えはありません。夫婦のなかでも女性のほうが稼いでいる家庭もありますし、男性でも家事の方が働くより向いてれば、それを普通の事として受け入れ協力体制で家庭を担うのが普通です。

 

日本も最近はそうなってきているとは思いますが、時代の変化もきっと要素にあるのでしょうか。

 

いずれにしろ、日本人男性と付き合う、また国際結婚をしている白人女性は、私が知る限りでは、かなり日本に精通していて、日本文化が気になる、または日本のことが好きだという白人女性です。

 

黙して語らない精神が、白人女性からすると、大変興味深く、魅惑的で、不思議な感じに映るようです。

 

日本に興味がある白人女性達は日本を知っていくうちに、自国の男性には興味がなくなっていくというケースも多々あるようです。白人女性からすると、ないものを持っており、まさに真逆の世界から来た人達、文化の違いですね。

その相違点が、関係をいいものにしたり、尊重し合って生きていく、そういうことに繋がるのではないかと思います。

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】