白人女性と交際するため、日本人彼氏になるためのモテる外見

白人女性たちの外見は、一言でいうならば、「派手」であり、インパクトがあります。

 

彼女たちの多くは、本当に肌が白く、髪はブロンドもしくはダークブロンドがほとんどです。

 

目の色は、ブラウン、グリーン、グレイ、そしてブルーの目を持つ女性がいます。

 

メイクは、ピンクがよく似合い、日本人女性が使わないような、ショッキングピンク、派手な色を好み、そしてよく似合います。

 

そんな彼女たちに釣り合う日本人彼氏になるためにはどういった外見をすればいいのか、具体的に考えていきましょう。

 

まず、日本では、やせ型のスキニータイプで、いわゆる草食動物とよばれるタイプの日本人男性が人気ですが、欧米白人女性からは人気がありません。

 

ある程度がっちりしているのが基本です。

 

なよなよとした弱い印象の男性は、一部の層を除き白人女性たちの好みではありません。

 

典型的な白人女性の好みを申し上げます。

 

 

身長が高いこと

これは努力しても実らないですが、せめて姿勢をよくして、筋肉をつけて大きく見えるようにしましょう。そして、自信をもった堂々とした振る舞いをしましょう。

 

 

日焼けした褐色の肌

健康的に日焼けした肌は、白人女性にとって好印象です。白肌はゲイっぽく見えるようで、男らしい日焼けした肌色が人気があります。もともと浅黒い肌の日本人男性には不要ですね。

 

鍛えられた身体

ここが一番大事な気がします。べつにムキムキになるということではありません。しかし、東アジア、東南アジア以外の世界の男性は、もともと筋肉がつきやすい体格をしていますから、胸板が厚く、二の腕が太く逞しく見えます。

 

日本人の場合、かなり鍛えないと同じような筋肉のつき方はしませんし、かなり劣って見えてしまいます。このあたりがセクシーに見えない理由でもあります。外見だけがすべてではありませんが、第一印象は大事なので、お腹が出ている体型はNG、そしてある程度鍛えているなという身体にしておきましょう。

 

欧米人は男女ともに体を鍛えています。特に男性は、胸板が薄い人より厚い人のほうが、より男性的で強いイメージです。やはりこの、強いイメージというのが、白人女性たちが好むポイントと言えます。

 

また、鍛えると姿勢が良くなり、身長も大きく見えるので、いいことづくしです。

 

白人女性よりも背が高かったらなおさらよいのですが、同じぐらいでも振る舞いや外見がどっしりとしている雰囲気が大事です。

 

私からすると、欧米の男女は、よくも悪くも強いです。

 

お互い、かんたんに頼らないといいますか、独立していて、自立している感じです。

 

まるで体格にも、にじみ出ている感じで、欧米の白人たちは、男女ともに、お互いが弱い部分を人に見せないのです。

 

日ごろから体を鍛えておくことが、精神の鍛錬になっているのです。

 

外国人が海岸や、森の中の小道を真剣に走っている姿は、その一例です。

 

 

ヘアスタイル

やはり黒髪のままの短髪が一番です。

 

前髪を下げて、耳に掛かるような髪型は、ゲイっぽく見られるので避けるべきです。

 

サッカー選手のような髪型、横を刈り上げているショートヘアや、七三カットであり清潔感のある髪型はありだと思います。若いひとのようにやりすぎない程度がいいという感じです。

 

とにかく清潔感のある髪型が大事です。

 

スキンヘッドや丸坊主はウケないので、やめた方がいいです。

 

 

服装

 ブランドにこだわり、オシャレ過ぎるのはゲイに見られがちです。

 

服だけでなく、カバンや財布などをブランドで固めていると、ゲイっぽいので注意が必要です。

 

高価な服を着ているより、小奇麗にしているかどうか、アンバランスなトップスとボトムスではないか、似合っているかどうかの方が大事です。

 

普通の襟付きのシャツやポロシャツ、TシャツにジーンズでむしろOKです。

 

清潔感が重要です。

 

 

 

 


Crest 3Dホワイトフッ化物虫歯予防歯磨き0.85オズ(10パック)

しかし、共通して言えることは、外見よりも、振る舞いです。

 

自己満足感を自分の中で常に感じ、自分の言動に自信を持ち、ゆるぎない堂々とした印象を与える、そういった日本人男性は、国内外にかかわらず、かならずモテます。

 

とにかく、男性的な強いイメージを出していくようにしてください。弱いイメージでは、白人女性には残念ながらまったくウケません。

 

なぜか、白人女性たちに至っても、男性に弱い印象を見せません。西洋の文化でしょうか。

 

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】