白人女性の外見と性格について知っておきたいこと

白人女性というと、なにを想像されますか?

 

やっぱり、典型的なブルーアイズ金髪ヘアのイメージでしょうか?

 

私がこれまでに見てきた白人女性について、白人女性の間でも、外見や内面について、どのような違いがあるのかお伝えしたいと思います。 

 

欧米人女性と一言でいいますが、実はいろいろな方がいます。

 

同じ白人でも、髪の色と目の色でさえ、現地の女性達の間では、甲乙でランク付けされているのをご存じですか? 

まず、目の色はブルー、色が薄ければ薄いほど素晴らしいとされます。その次にグリーンや薄茶、そして茶色の順となります。病院では赤ちゃんが生まれると、白人の方は目の色の話題になります。

 

次に、髪の色です。ブロンド(金髪)が最高、同じく色が薄ければ薄いほど程ブロンドというわけです。茶色でも、薄い茶色のほうがいいとされます。色が濃くなればなるほど順位は下がるようです。ここにアジア人がもつ黒髪という考え方は全くありません。

 

私の経験では、白人女性でも目と髪の色で、なんとなく性格もわかるという判断があります。

 

ブルーの目、ブロンドヘアをもつ女性は、ノーズアップ(高飛車な感じの)な感じの方が多いと思います。

 

金髪女性が多くいるある国では、ブロンドジョークというブラックジョークが一般に知られています。ブロンドヘアの女性はおうおうにして頭が弱い?!というものです。

 

白人女性でも、目の色が茶色や、髪の色が茶色に近くなればなるほど、話しやすく知り合いになるケースが高いことがわかっています。

 

具体的には、茶色の目をした白人女性の性格はおうおうにしてフレンドリーで、オープンマインドで、正直だという印象です。

 

偏見だと言われても仕方ありませんが、感じたことに嘘はつけません。

 

また、ブルーの目をもつ白人女性は、一見フレンドリーで、最初は好印象なのですが、時間が経つにつれなんとなく冷たく感じ、プライドが高いといいますか、フレンドリーとは程遠く感じます。

 

すべてがこの限りではないことをご了承ください。私自身、ブルーの目をした白人女性と交際したこともありますし、彼女はとてもいい人でもありました。もっと一般的な例であり、個人的な意見ですので、あくまで参考程度にしてください。 

 

余談ですが、あるとき話しかけやすい雰囲気の、白人女性がいたのですが、話しかけてみると、日本が好きで、日本語を勉強していている白人女性でした。

 

同じ白人女性でも、付き合いやすい女性は、他の人種や文化に寛容である、オープンマインドな人なのだと思います。

これは日本人でも、他の人種に対する捉え方が人それぞれなのと、同じことだと思います。要するに白人女性でも、人それぞれであり、一括りには絶対にするべきではないということです。

 

 

次に、欧米人女性のメンタリティーですが、アジア人女性と比べると非常に堂々としていますし、振る舞いがとても落ち着いています。

 

自分の意見や思ったことは、すべてにおいて濁しません。非常に明確です。

 

だからこそ、男女関係においても、誤魔化しが非常に少ないです。若い日本人女性にありがちな思わせぶりのような態度をとることはありません。興味があるのかないのか非常にわかりやすいので私は好きです。

 

また、欧米人は、アジア人にみられる相手の心を読んで思いやりながら話すというようなことはしません。欧米人の言葉や態度がストレートに感じるのは、思ったことを正直に言っているだけに過ぎませんので気にする必要はありません。

 

白人女性と付き合ってみたい、白人女性の彼女が欲しいと考えている日本人男性の方へお伝えしたいのは、実現できる可能性はじゅうぶんにあります。

 

まずは、英会話の勉強を始めてみてください。

 

言葉で伝えるということをしていかないと、ただでさえ、文化も考え方も環境も全く違う相手ですから、そこをクリアしないと、白人女性と交際することはできません。

 

他の人種や文化に寛容な白人女性は、流暢な英語が話せなくても、理解があります。そのような、おおらかで、正直で、フレンドリー白人女性は世界にはたくさんいます。

 

 

 

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】