白人女性と交際、第二言語として英語を話す白人女性がいい

白人女性との交際のチャンスをつくるにあたり、重要なポイントをお話します。

 

英語圏と非英語圏の白人女性

 

日本人にとって、白人女性といえば、英語圏に住む白人を白人として認識してしまいがちですが、世界には、非英語圏の白人女性がたくさんいます。 

非英語圏の白人女性とは、ヨーロッパの地域に住む、白人女性です。

 

東欧(ロシア、ウクライナ、ポーランド)、北欧(スカンジナビア、バルト3国)、中欧(旧ユーゴスラビアなど)、南欧(イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャなど)は、非英語圏の国です。

 

もちろん経済国になるほど英語を話せる国民も多いですが、全員ではありません。

 

西欧では、オランダのように、ネイティブのような英語を話す国もありますが、ドイツ人、フランス人は、それほど英語が堪能なイメージがありません。とくに、フランス人は英語を話せない人も多いはずです。

 

白人女性といっても、範囲が広いので、知識を広げることが、白人女性と交際するチャンスを得るには、大事なことです。

たとえば、ロシア人女性。笑顔が少なく、冷たいイメージがあります。

 

見知らぬ相手だと、冷たそうで、ツンとしているように見えますが、 話してみるとフレンドリーで、明るい方が多い気がします。そして他の文化に寛容な気がします。

 

日本人からすると、欧米人と接するのは壁が厚いイメージがありますが、欧米人のなかでも、ロシア人は、非常にフレンドリーです。

 

これは、他の文化や人種に対して寛容だからこそ、フレンドリーにできるのかと思います。

 

逆に、イギリスやフランス、ドイツには、他の文化や人種に寛容なメージはありませんね。

 

フレンドリーと言えば、スペイン人やイタリア人もラテンの気質が思い浮かびます。

 

ただ、他の文化や人種に寛容であることと、フレンドリーはまた別ものだと感じております。 

わたしの経験で言えることは、強国ではなく、大国でない人種のほうが、他の文化や人種に寛容であると思います。

 

歴史上、強国や大国であったり、現在も経済国であったり、世界の標準言語である英語ネイティブの国であったり、そういった国の人種は、一般的には、自国にプライドを持ったひとが多く、弱い、小さい他国の人種や文化を下に見がちだと思います。

 

これは、日本においてもいえることです。他のアジアの国や人種を下に見ている日本人は多いと思います。そのくせ、白人には弱いという歪んだ人種感があります。

話しを戻しますが、白人女性と交際するためのチャンスを高めたいのであれば、第二言語として英語を話す、または勉強している白人女性との交際のチャンスを探すほうが、仲良くなれる確率が非常に高いです。

 

なぜなら、言語を習得するために時間を費やし、努力してきているので、お互いの言語習得における苦労が分かり合えることです。

 

そして、英語圏の白人女性より、第2言語として英語を話す白人女性のほうが、日本人または日本人が話す英語を格段に受け入れてくれます。

 

他の言語を習得していない英語ネイティブの人種には、この気持ちが分からないのです。

 

当然ですよね。

 

たとえば、日本語は勉強している一般的な外国人の日本語って、日本人からすると、あまり魅力的には聞こえませんよね。

 

大変失礼な話しですが、外国人は、自国語で話しているほうが魅力的に見えてしまいます。

 

英語ネイティブの人種にとっても、これは同じではないでしょうか。

 

第二言語として、英語を使う人種にとっては、英語はコミュニケーションの道具であり、絶対にネイティブと同じように話す必要などありません。

 

もちろん、ネイティブに近い発音をすれば、尊敬されたりはしますが。

お互いに、第二言語である英語を使うという共通点において親しくなりやすいというのは、本当です。

 

もちろん、非英語圏の白人でも英語が非常に堪能な人もいくらでもいますので、この分析においては、そのあたりの事情はご容赦ください。

 

ただ、ヨーロッパには、英語を話せない人もたくさんいるのも事実です。

 

 

逞しい白人女性、スリムな白人女性

 

外見についても、話しておきます。

東欧(スラヴ)、北欧系(スカンジナビア)の白人女性は、青い眼をもつ女性が多く、肌が本当に白く綺麗です。そして、スリムな体型をしている方が多いです。 

アメリカやオーストラリアの白人女性は、残念ですが、スリムな体型の女性ばかりではありません。スリムな体型の女性を探すのは、難しいといっても過言ではありません。

 

肥満体型と、がっちり体型の白人女性が多いように思えます。 

 

ただ共通しているのは、白人女性は、ほぼ同じ骨格構造をしています。

 

アメリカやオーストラリアはともに、国土が広く、スポーツが盛んな国ではありますので、男女ともに鍛えることも日常ですから、がっちりした体型の女性が多いのだと思います。

 

スリムで女性的な体型の東欧女性とは全く違い、アメリカやオーストラリアには、かっこいい、スポーティな白人女性が多いです。

 

ヨーロッパの白人女性は、スポーツより、音楽や芸術に趣いているイメージが強いです。

 

西欧のバレエや、ロシアやウクライナのアイススケートのように、女性が関わるスポーツも優雅で美しいものが多く、アメリカやオーストラリアとは、 美の価値観が、大きく違うのだと思います。

 

いずれにしても、白人女性は、自分に自信があり、堂々としていて、意見をはっきり持っています。その姿はやっぱり素敵です。 

さて、日本人男性にとって、白人女性と交際するにあたり、英語圏の白人女性、第二言語で英語を話す白人女性のどちらを選ぶべきでしょうか。

 

外見においては、大概の日本人男性にとっては、東欧系のスリムで女性らしい体型のほうが断然好みであるといえます。

また、メンタル面においても、お互いに母国語でない言語を頑張って話す。そこには多大な努力をしてコンタクトをとっているという事実を、当人同士が確認し合える、いわゆるバディという感じの仲間意識ができあがるのではないでしょうか。

 

英語圏の白人女性と交際するよりも、気持ちを理解し合えたり、共感が生まれるはずです。

 

英語圏の女性との交際は否定しているものではありません。それよりも、交際の確率が高いということを言いたいのです。

もう一方で、英語圏の白人女性と交際する場合、あなたの英語力は格段に上がるでしょう。

最初こそ大変で、伝わらない、おかしいと思われた、いろいろあるかと思います。

 

交際が始まれば、英語が母国語の相手の女性のが、あなたに合わせて、分かるレベルまで英語を落としてくれますから、なんとかコミュニケーションを図ろうと努力していれば、自然といつか報われるはずです。

 

ただし、いろんな意味で同等レベルに追いつくのは簡単ではありません。

 

共感したり、分かり合うというところまで行くのには、時間がかかるでしょう。

 

サンフランシスコ発!世界中の英語学習者に使われている【Cambly(キャンブリー)】